« この程度の私 | トップページ | 乾坤一擲 »

2019年3月24日 (日)

75kの大苦労

これまで年々歳々、本当に沢山の村や町を走ってきた。
そして昨日は、外房のずっと漁村を巡る「南房総75kみちくさウルトラマラソンだった。Img_2737
ほら、あの南総里見八犬伝の地でもあるが、静岡からは中々に僻遠の地である。Img_2740
確かに遠く、早朝に出発し東名から横横線、海ほたるを経て木更津に、更に野島崎灯台のある南紀白浜へ。Img_2741
そこから会場の勝浦まで戻ろうとして大苦労、バスの便はないし鉄道も乗り継いで、やっと19時過ぎにホテルに到着。Img_2742
翌朝は3時過ぎに起きて、受付やら・・・・・外はかなり冷たい風が吹いていた。Img_2743
75kの平坦なコースと甘く考えていた訳ではないが、今回は随分と苦労してしまった。Img_2745
奇岩の続く外房の海、のどかな漁村のたたずまい、地元の珍味タップリのエイドと、魅力タップのコースである。Img_2746
ホテル三日月を五時スタートし、月の沙漠記念館、メキシコ塔、守谷海岸辺りまではるんるん気分だった。Img_2748
しかし、おせんころがし辺りで1kmあまりコースロストしてから調子は狂いだした。Img_2752
体はドンドン重くなって、スピードは歩くのとさして変わらなくなっちゃった。Img_2757
左側の海ではヒジキの収穫が始まっていて、そんなこんなの漁村の風景に励まされて先を急いだ。Img_2764
しかしながら今回の75kは遠かった。Img_2769
50k過ぎにはみぞれ交じりの雨に降られ、あまりの寒さにコメリに駆け込んでカッパを買った。Img_2775
寒さと足の痛さとの闘いで、それでも歩かずに最後まで頑張った。Img_2780
結果は、11時間24分、年代別では4位だったが、宿に入って風呂を出るまでは、随分と苦しかった。Img_2785
75kでこんなに苦しんでいる様では、これからのシーズンが思いやられるのだが・・・・。Img_2786
やはりニュージの疲れがまだ残っているのだろうか、少しばかり反省のレースとなったのである。

|

« この程度の私 | トップページ | 乾坤一擲 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この程度の私 | トップページ | 乾坤一擲 »