« 乾坤一擲 | トップページ | 人生の楽しみ方 »

2019年3月26日 (火)

春や春

朝晩はぐっと冷えて、春本番はまだまだ遠く、畑の種まき(ゴボウやインゲン、根深ネギ)も様子見である。


そんな中、我が家のブドウ(早生の2品種)の芽が出始めている。Img_2829


何処にそんなエネルギーを蓄えているのか、枯れ木かと思われるような枝から、ヌッと新芽を出し、小さな花芽すら覗かせているのである。Img_2831


他の品種はまだビクともしていないが、これから十日の後にはきっと一斉に動き出すのに違いない。Img_2836


あんなに待ち遠しかった春が、今年ももう直ぐそこまで来ているのである。


だが内心は早く来いと思う一方で、もう今年も1/4過ぎてしまうのかって、幾分の焦燥の気持もある。Img_2837


しかし春を感じるのは誰しも嬉しい物で、そいつを確かめに花を見てきた。


桜はまだ早かったが、チューリップに水仙の咲く浜松フラワーパークである。Img_2838


昨年も、否一昨年もこの時期にチューリップを眺めに来たと記憶している。Img_2839


チューリップも花の命は短くて、その短かな命を愛でるからこそ貴重なのだと思う。Img_2841


その挙って咲いているチューリップだけど、一株一株がそれぞれ懸命に咲いている。


競って咲いてはいるけど、人だってチュウリップだって、究極は孤独なんだ。Img_2843


共に咲くことで、その孤独を紛らわせているって感じかな。


人間は勿論一人一人違うし、そんな人が頼り頼られ、時には演技をしたりして生きている。Img_2844


春は、そんな具合にみんなが元気になるんだ。


 


 

|

« 乾坤一擲 | トップページ | 人生の楽しみ方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾坤一擲 | トップページ | 人生の楽しみ方 »