« 自分の時間 | トップページ | 便利な時代だけど »

2019年4月 1日 (月)

令月なりて

今日は山(ランニング)の帰りに、早くもワラビを採ってきた。

今夜は、早速春一番の命を頂こうと思っている。Img_2828

帰宅すると新しい元号の発表があって、万葉の「初春の令月にして 気淑く風和らぎ・・」から採ったと言う、けだし名言である。Img_2830

令月とは、何事を始めるにしても良い時期(頃合い)のことらしい。

そう・・私も、人参やインゲン、根深やキュウリなどを蒔いて、今年の野菜の豊作なれと祈念している。Img_2832

ところで今日は、人間の「人格」について考えている。

人格とは、簡単に言えばその人の価値ってことになる。Img_2833

私達は、これまで長いこと学業や仕事を通じて、その人格を高らしめるために営々と努力を重ねてきた。Img_2834

人格は、自分の位置を自覚し、自分の社会的役割を知ることに他ならない。

人格を多少とも有する人は、誰もがそうやって自分の位置と役割を知りつつ、目標を目指すんだ。Img_2835

そもそも、信頼関係や愛情、友情、喜びも悲しみも、人格があってこその話なんだと思う。

時として、甘えの関係や感情と感情の関係、慰め合うだけの関係などがあるが、それは人格を欠いているからだろう。Img_2840

この時代、自分自身を客観的に観るのは、(甘えて育っているから)そう簡単では無いのである。

そうして感情で生きる人間には人格は育たず、個性は人格にのみ宿るのである。Img_2842

人格をその時の感情で軽く観る人が居るとすれば、発展的な目的を持たない人でしかない。

人格に根ざした思いやりや気遣いが、孔子の言う「恕(じょ)」である。

 

 

|

« 自分の時間 | トップページ | 便利な時代だけど »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の時間 | トップページ | 便利な時代だけど »