« 自己を本位に | トップページ | 樹勢 »

2019年5月 1日 (水)

老い心地

現役を退いて歳を重ねると言うことは、考えたり語ったりする範囲を狭めることに繋がる。

あれこれ悩んだり考えたりする必要がなくなるって事だ。Img_3040

私も最近とみに物忘れするようになって、記憶しているはずの人の名前や過去の出来事などが出てこない。

つい先日は、毎日飲んでいる「プロテイン」が出てこなくって、「あの・・大豆タンパクの・・」などと言っていた。Img_3041

話をしていて、突然人の名前が思い出せなくなったり、物事の前後関係があやふやになったり・・。

そんな時、「我、老いたるや!!」と密かに思うのだが、それをジッと飲み込んでいる。Img_3042

考えてみると、人と話をすることも少なくなって、使う言葉だってドンドン減っている。

そもそも、一日24時間一人で過ごすことが多く、ほとんど喋べっちゃいないのである。Img_3044

使わない脳細胞が錆び付くのは当然のことであって、人はこうやって徐々に老いていくのかも知れない。

女性が男より長生きするのは、良く喋って手足を動かすからじゃないかなぁ。Img_3045

・・ってことは、長生きしたかったから社交的になって、あっちこっちに出かけるに如かずである。

ところで今日からの改元で、昭和・平成・令和を生きることになった。Img_3063

新しい時代が麗しい月日になるよう、国中(この村でも屋台が出て)お祝いしている。

さても、この令和の時代を如何に生きるかが、私に課された最後の命題(ミッション)である。Img_3068

呆けも程ほどに適度に老いて、それでも生臭く生きてやろうと思っている。

 

|

« 自己を本位に | トップページ | 樹勢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己を本位に | トップページ | 樹勢 »