« 老い心地 | トップページ | くったくたぁ~の一日 »

2019年5月 2日 (木)

樹勢

毎年、「今年こそは、完璧にブドウを育てたい」と意気込んで取り組んでいる。

だけど、生育のステージが進むに従って、これが駄目・アレが駄目と諦めが多くなってくる。Img_3034

天候であったり、剪定の具合だったり、更には前年の管理(日照)によって、それは大きく異なってくる。

そして今年の生育だが、芽の揃いや生育にムラがあって、極めて出来が悪くなっている。Img_3032

その理由を考えているのだが、昨年の(砂漠に行っていて)手抜きと樹の高齢化ではないかと考えている。Img_3033

ブドウ栽培を初めて20年近くになるから、少しずつ改植しているとは言え、ブドウ樹は年々古樹になっていく。

品種や樹齢によって個体差があるが、歳を取った樹と育ち盛りとでは、自ずと樹の勢いが違う。Img_3035

老木は老木なりに労ってやらないと、こちらの思う通りには花を咲かせないのである。Img_3036

特に今年の場合、三月の寒暖差が大きく、このために未だに芽を出さない枝すら散見されるのだ。

高齢の故に、未だ寝ぼけているのである。Img_3037

時折「この老木め!」と幹をぶっ叩くのだが、一向に知らん顔である。

幹にのこぎりを入れる「環状剥皮」などの荒技もあるのだが、可哀想で止めている。Img_3038

と言うのも、ブドウの樹とて人間と同じ様に感情があって、「ふん、碌な管理もせずに働けってのか?」って声が聞こえるからだ。

「まぁ良いさ今年は、来年こそは頑張るしさぁ~」って、自らを鼓舞している。Img_3039

而して年々歳々、何時かきっと老木の素晴らしいパフォーマンスを見せてやりたいものである。

|

« 老い心地 | トップページ | くったくたぁ~の一日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老い心地 | トップページ | くったくたぁ~の一日 »