« 八ヶ岳の春 | トップページ | その時 »

2019年5月19日 (日)

天気晴朗なれど風強し

数日前の雨予報は一転、雲一つ無い晴天になった。

体調も良いし、何一つ不足なく、今日こそは完走をとスタート地点に立っていた。

この八ヶ岳山麓も昨年の台風でかなり痛めつけられていて、例年走る林道が使えない。Img_3192

例年のコースは最高地点で2100m程まで登るのだが、土砂崩れで通行できないため大きく迂回するコースとなった。

結果として高い地点まで登らなくて良くなったが、その分山麓の大小のアップダウンを繰り返すことになった。Img_3198

楽なコースになったとの観測は見事に裏切られたのである。

それでも50k地点を6時間15分でクリアーし、後半への貯金を45分残していた。

計算上は完走できる位置に居た訳である。Img_3200

しかし実際には、62,7kを過ぎた辺りから変調を来した。

それは心の変調で、若々しい人達の筋力が羨ましくなったのである。

後ろから追いついてきて、私をドンドン追い抜いていく。

残念ながらかつてのように抜き返す力が無いのである。

何も、死ぬほどの思いをして完走することもないな・・・などと思い始めている。

それに65kから70kは、かなりきつい上り坂が続いていた。

更にその先には、難攻不落で知られる馬越峠が待って居てるのである。Img_3201

気持が萎えてしまうと、体中のあちこちが悲鳴を上げはじめていた。

いやさ、それは暑いとか寒いとか、足が痛いとか、靴が硬いとか・・・みんな言い訳なのである。

結局は惰弱な心に由来していて、「もう、十分走ったよ。良いじゃないか、完走できなくたって」が効いた。

71kのゴールが、今日の私の最終地点となった。勿論メダルはなしである。

 

|

« 八ヶ岳の春 | トップページ | その時 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八ヶ岳の春 | トップページ | その時 »