« 古き良き時代 | トップページ | 小さな節目 »

2019年5月31日 (金)

ちゃんと今を

ランナーにも、勿論色々な人が居るけれど、総じて前向きな人が多い。

先日の勉強会で、「私、ありがとうランナーになろうと思っています」と仰った方がいた。Img_3284

沿道のサポートに感謝するだけでなく、自分の足や体、頑張りにも「有り難う」と言い続けようと仰る。

そして昨日よりも今日、来年、そして再来年を自分にとって最高の年にするのだと。Img_3286

目元には和やかな微笑みを浮かべ、とても超ウルトラマラソンを走る人とは思えない。Img_3287

彼女の話を聞きながら、「あぁ、この人は今を生きようとしているのだ」と思った。

翻って移り気の私なぞは、何時もキョロキョロ何か良いことはないかと、今を生きている自覚はない。Img_3288

今日は特別支援を含め、保育園の大勢の子供達が我が家を訪れた。

サツマイモの蔓を挿し、ラッカセイを植えるためにやってきたのである。Img_3289

畑を準備していたとは言え、そこは一糸乱れず作業をすると言う訳には行かないのが子供だ。

芋の蔓挿すことがどんな意味を持つのかよりも、手元の土塊や友達、手洗いの水の方が面白い。Img_3290

目の前のことに精一杯な子供達、そうやって色々なことを経験しながら成長していくのだ。

さて、成長の伸びしろの少なくなった私などは、どうやって今を生きれば良いのだろうか。Img_3291

私の毎日は、ブドウの世話をしたり、山を走ったりすることだが、それ自体懸命ではあるが果たして命を燃焼しているのかどうか。

何時の間にかドンドン年月だけが経過していくようで、時々「これで良いのかなぁ」と思う。Img_3292

今生きるとは、或いは今(この時)を感謝することかも知れない。

今日は、大根を収穫し、新たに夏大根を蒔いた。

 

|

« 古き良き時代 | トップページ | 小さな節目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山草人 様

ブログ、毎日拝見させていただいてます。

ありがとうランナーになるっていい話ですね。さっそく私もやってみようと思います。

今膝を痛めて休養中ですけどね。

関根

投稿: ララ無理 | 2019年6月 3日 (月) 11時38分

山草人 様

いい話ですね。
さっそく私もありがとうランナーになってみようと思います。

関根

投稿: ララ無理 | 2019年6月 3日 (月) 11時43分

関根さん、お久しぶりです。草履で走るあの独特の逞しさが、目に焼き付いています。確か、6年ほど前の富士五湖では、95k地点で追い越されましたっけ。
 膝の故障とか、あまり無理をされずに、自分の体とは一生の付き合いですからね。それから、感謝って簡単なことだけど、それを表現するのは中々難しい。私なども、感謝より不満が先に来てしまいます。あえて、感謝を表現することで、何かが変わってくるのかも知れません。一日300回、一度でも良いから試してみると、革命が起こるかも・・・。
                山草人

投稿: 山草人 | 2019年6月 3日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古き良き時代 | トップページ | 小さな節目 »