« 人生の転機 | トップページ | I ♡浜松 夢街道 »

2019年6月28日 (金)

所詮夫婦も・・

夫婦関係の愚痴を聞く(私のは愚痴じゃない)事が多くなった。

その原因の多くが、亭主が退職してドテッと居間に居座っている、それがイライラするらしいのだ。

「亭主元気で留守が良い」と言われるが、長寿高齢化でその反対の現象が増えているからだ。Img_3439

かつては紅顔の美青年だったかも知れないが、今ではウスラ禿で中年太り、それが相も変わらず威張っている。

その何ともヤル気の無い亭主の行動が、気に障ってしょうがないと言うのである。

歳を取るのはお互い様だけど、男の場合は退職によって機能不全に陥る人が多い。Img_3442

それでも昔の女性は、耐え難きを耐え忍び難きを忍んだものだが、今の時代そんな奇特な女性はいないのである。

今時、我慢し耐えることは美徳でも何でも無くなったのである。

しかるに男の頭は依然として旧態依然、何で女房殿が毎日イライラしているのか、まったく分かっていないのである。

否、我が家はさにあらずと言っているのでは無い、我が家はそれぞれが自立しているのである。

私も最愛の細君も、日中(特に週末)は家に居たことが無いし、それに会話(何か言っても、返事が無い)もしない。Img_3444

私も基本的に当てにしていないし、夫婦とは言っても(少し寂しいが)所詮赤の他人なのである。

この時代、企業も社会もこぞって生産性・合理的が合い言葉であって、夫婦の情愛もかなりの合理化である。

つまり私も、細君の情緒的な合理化の対象になっている訳で、それはそれ「新生日本」を感嘆している。

それを軽薄と言うべきか、はたまた・・・・

今夜は、夜を徹して浜松駅から遠山郷までの91kを走るのだが、老いるとは何なのかを改めて考えてみたい。

 

 

 

|

« 人生の転機 | トップページ | I ♡浜松 夢街道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生の転機 | トップページ | I ♡浜松 夢街道 »