« 令和への思い | トップページ | 人も熟して »

2019年6月 9日 (日)

風雪に耐えて

智満寺の十本杉(現在は7本)の圧倒的な存在感を前にすると、長く立派に生きることは大変なことだと思う。

樹齢は恐らく先年に近いだろうし、何故彼らだけが残ったのかも知られていない。Img_3345

その智満寺の裏山に登って驚いたのは、昨年と景色が一変していたことである。

杉の大木が大量に倒れて道を塞ぎ、私達は迂回路を登ったのである。Img_3351

昨年の台風によるものらしく、直径1mくらいの大木がいとも簡単に倒されていた。Img_3352

その中で傲然と聳えてビクともしなかったのが、7本の巨木である。

それは千年も生きている間には、巨大な台風だって幾たびも襲っただろうし、様々な風雪を経ている筈だ。Img_3354

今日は、そんな納得というか、自然の生業を感じて帰ってきたのである。

今朝、島田駅に集まったのは8人で、小雨模様の中を智満寺に向けて走り始めていた。Img_3355

数キロ北に進むと丁仏山道に入るのだが、この智満寺まで一丁(100m)毎にお地蔵さんが鎮座している。

そのキチンと手入れの行き届いたお地蔵さんを横目に走り、もうその入り口からして霊験を感じさせるお寺に入る。Img_3356

頼朝も帰依したと言うから随分古い訳だが、現在の社殿は家康の寄進と伝えられている。

ともあれ、その智満寺から150mほど登ったところに、風雪に耐えた巨大杉が聳えている。Img_3358

私達は、そこからどうだん平らに出て、更に南の柏原へ、これを下って新東名沿いに高倉山へ。Img_3359

今日のゴールである伊多和利の湯には14;40に到着した。Img_3362

かなり疲れたが、湯に浸かって懇親会の頃にはすっかり元気になっていた。

やはり、雷杉や大杉に元気を貰っていたのである。Img_3365

 

|

« 令和への思い | トップページ | 人も熟して »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

個人的に山登りしていますが、皆さんの報告を見ると楽しそ~。
また、入れてもらいます。

投稿: 村田厚子 | 2019年6月10日 (月) 19時00分

もう、随分お会いしていませんね。是非、元気で走り、そして語りましょう。人生は、自分で楽しまない限り、誰も楽しませてくれないんだから!
                  山草人

投稿: 山草人 | 2019年6月11日 (火) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和への思い | トップページ | 人も熟して »