« 感謝の想い | トップページ | 何時まで走る? »

2019年7月 3日 (水)

あぁ~人生の一人旅

梅雨空の一日、今日もぶどう棚の下を行ったり来たり、一人の老農夫として過ごした。

多分こうやって年々歳々、歳老いていくのだろうと思う。

そう・・今更ジタバタしても詮無いが、この70年もの間「よぉ~生きてきた」もんだと思わないでも無い。Img_3466

決して豊かでは無い農家の長男として生まれ、懸命に働く親父とお袋を運命共同体だと感じてきた。

二人の妹の面倒を見ながら、炊事風呂焚き、それに農作業を手伝ったんだから、おしん並みの小学生だった。

中学生になって勉強を覚え、(かなり晩生だが)その気になれば人に秀でることを知った。Img_3468

確か中学二年だったか、マンモス校(同級生400人余)の掲示板に掲げられた成績は上から3番目だった。

その時から、悪ガキどもの私に対する態度(いじめられっ子だった)が一変するのを感じだ。Img_3470

高校を出たら親父の農業を継ぐものと思い定めていたのに、大学に進み、更に就職してサラリーマンになってしまった。

時は正に経済の高度成長期で、その成長と共に私の立場もどんどん揚がっ(昇進し)ていった。Img_3471

そうしてサラリーマンを50年近く勤めたのだが、物事には終わりがあって、一昨年その全てを退いた。

それからは悠々自適の晴耕雨読と言えば聞こえは良いが、なんの唯の隠居の毎日である。

奇しくもこの70年、おおきな転換点は何度もあったが、それでも私は今ここに立っている。Img_3472

呑百姓の倅が、(江戸時代ならそのまんまだが)広い世間に出てそれなりに働き、そうして今原点に帰っている。

私が選び取った何の変哲も無い人生行路だが、それはそれ、よくぞ一人で歩いてきたものだとも思う。

そして改めて思うのは、人生とは必ず一人の孤独な旅なのだと言うことだ。

 

 

 

 

 

 

|

« 感謝の想い | トップページ | 何時まで走る? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感謝の想い | トップページ | 何時まで走る? »